ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

主賓で呼ばれた時、乾杯を頼まれた時…

特別な結婚式マナー

祝辞は短くまとめ周りを巻き込む内容を盛り込みましょう!

新郎新婦にとって、一生に一度の結婚式。
そんな大切な結婚式での祝辞は、普段の仕事とは違うプレッシャーの中で挨拶をしなくてはなりません。
また、会場には、ご両家の親族・職場の上司・恩師・友人などが招待されおり、祝辞のマナーや内容に最細心の注意を払う必要があります。

祝辞をスムーズに行うには「文章の構成」が重要なポイントです!

結婚式に出席しているゲストの中で一番最初に挨拶をするのが「主賓の祝辞」です。
主賓の祝辞は、披露宴を華やかに祝福する、言わば開催の挨拶のようなものに相当します。
そんな重要な役割のある挨拶で、長々とありきたりな文章や、マナーの守れていない祝辞を読むと、一気に式が台無しになり得ることもあります。
そのようなことを防ぐために、祝辞の「文章の構成」は、重要なポイントとなるのです!
まず、祝辞を構成する流れは
「ー己紹介」
「⊃系鎖敬悄ξ床反涜欧悗僚飽奸
「エピソード」
「い呂覆爐韻慮斥奸
「シ襪咾慮斥奸
と文章を組み立てます。
この中のどれか1つ欠けると、薄い内容になったり、印象が悪くなってしまうのでこの流れはしっかり盛り込みましょう。

祝辞の構成

新郎新婦のマイナス面をユーモラスに交えましょう

祝辞でマナーを守るのは当然ですが、文章までありきたりな定型文にしてしまうと会場は飽きてしまいます。
例えば」「夫婦とは。。。」「3つの袋は。。。」などは定番すぎてどこかで聞いた話。
になってしまいます。
「とはいってもどうすればいいの。。。?」
というのが本音ですよね。
主賓の挨拶は、会社の上司などが行うことがほとんどです。
そのため、新郎新婦の会社での評判や仕事ぶりなど、事前に情報収集できるはずです。
しかし、情報収集した中で良い点ばかりを挙げて話すのはなんだか味気ないですよね。
そんな時は、新郎新婦のマイナス面(仕事で失敗した話)などをユーモラスに盛り込むと、会場の雰囲気を和ませることができるんです。

プラスアルファのスパイスを交えて

祝辞は、自分対新郎新婦のエピソードも必要ですが、ゲストは主賓のあなただけではありません。
会場に来ている方全員がゲストでなのです。
ですので、自分対新郎新婦の話もしつつ、式に出席している方のエピソードをプラスアルファし、会場全体を巻き込んだ祝辞にしましょう。

最後に

祝辞で1番大切なのは「挨拶をする自分がメインではなく、新郎新婦だ」と理解することです。
自分が目立つ文章構成ではなく、新郎新婦の2人を引き立てる挨拶にすることで、祝辞が成功したといえるのではないでしょうか。
また、主賓らしさは上手な文章構成だけではありません。
お祝いの気持ちを伝えるご祝儀袋にも主賓らしさが必要です。
式が終わった後に、新郎新婦はご祝儀を見ることになります。
そこで、シルクや綿など特別なご祝儀袋を贈ることで、主賓としての心遣いが出来たといえるのではないでしょか。
結姫の巾着袋になる変わったご祝儀袋を贈るのも、いいかもしれませんね。

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP

  • ご祝儀袋のお作法
  • 結姫movie+story
  • ご利用方法