ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

主賓で呼ばれた時、乾杯を頼まれた時…

特別な結婚式マナー

主賓は新郎新婦そしてご両家に一番注目される立場です。

主賓として結婚式に招待されるということは、
少なからず、社会的にも仕事でも功績をあげられた方々なのではないでしょうか。
また、主賓は新郎新婦そしてご両家に一番注目される立場である事も忘れてはいけません。
主賓の方々は、普段から立ち振る舞いも周囲のお手本となっている事と思いますが、、、
緊張のあまり「ついうっかり」ということは避けたいですよね。
今回は、そんな失敗をしないために、文章の構成についてご説明していきます。

文章構成は新郎新婦の事を最優先に起承転結にまとめましょう。

「/系鎖敬悗箸肝梢討暴房を述べる」
「⊆己紹介」
両家にわかりやすく、簡潔にまとめることが理想です。
「プロフィールや経歴を紹介する」
新郎側の場合であっても新婦の事も少し加えるようにしましょう。
「ぅ┘團宗璽鼻
職場関係であれば、転機となるような出来事など、
できれば、あなたしか知らない出来事が良いですね。
「イ呂覆爐韻慮斥奸
はなむけの言葉はとても大切です。
主賓らしく、そして、あなたらしい言葉で、
「どんな家庭を築いて欲しいのか?今日とはどんな日なのか?」などをまとめてください。
「Ψ襪咾慮斥奸
あくまでも主役は新郎新婦という事を忘れずに。
また「離れる」「絶える」「重ねる」など祝辞における禁句にも注意しましょう。

新郎新婦側に立った文章構成

それぞれの立場に立った文章構成を

祝辞の構成に関しても、相手に失礼にならないように心がけなくてはなりません。
全体的に言えるのは、「え〜・あの〜・それで〜」などを連呼するような事は避けるようにしましょう。
緊張が伝わりやすく、聞いている方も不安な気持ちになってしまいます。
また、それぞれの立場においいて心がける点をまとめましたので参考にしてみて下さい。

「上司の場合」
職場での仕事における活躍のエピソードや生活ぶりを話すのが基本です。
しかし、会社の事業内容を通した紹介や規模の大きさやなどを長々と話してしまうと
ただの自慢話になってしまいます。
あくまでもメインは新郎新婦です!
また、新郎新婦の仕事におけるエピソードも失敗談は笑いを誘うなどして、
活躍のシーンや今後の期待を含めた内容を心がけて下さい。

「先輩・同僚の場合は」
職場における仲間との付き合いぶりを話すのが基本です。
上司同様に失敗談ばかりにならず注意しましょう。
また異性に関しての内容も好ましくはありませんので、
主賓としての挨拶の場では言いたくでも披露宴の場では我慢して下さい。

「友人の場合は」
学生時代の勉強や部活、そしてレジャー、趣味などを話すのが基本ですが、
特に注意が必要な内容でもあります。
友人の場合であれば、本来は披露宴中盤に行われる余興の場に友人スピーチが行われますが、
ここは主賓の場です立場を考え場に相応しい言葉を心がけて下さい。

「恩師の場合は」
学生時代のエピソードなどを話すのが基本です。
しかし、専門分野に関する話が中心となってしまうと、
会場のみなさんには伝わらない場合もありますので、専門用語を使うのは避けましょう。
また、普段の教団に立っている事を忘れ、本日はご自身が試されていると思って挨拶を行って下さい。
文章は良くても話し方にでますから注意が必要です。

「父親の友人の場合は」
新郎新婦の父母を題材に、新郎新婦の幼少期の過ごし方などを話すのが基本です。
父母の事をしっかり持ち上げ、父母と新郎新婦を同等に思った挨拶をオススメします。
また、父母との間柄に多きの時間を使ってしまうのも注意しましょう。

品格あるご祝儀袋を贈りましょう

主賓は新郎新婦そしてご両家に一番注目される立場です。
だからこそ、ご祝儀袋にまで、気をつかいたいですよね。
結姫のご祝儀袋は、シルクや綿を使用しつくられているため、和紙とは違った品格を醸し出すことができます。
結婚式が終わった後に、そのご祝儀袋を手にした新郎新婦の顔を思い浮かべながら、ご祝儀袋も選びたいものです。

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP

  • ご祝儀袋のお作法
  • 結姫movie+story
  • ご利用方法