ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

主賓で呼ばれた時、乾杯を頼まれた時…

特別な結婚式マナー

祝辞もやり方を身に着けてしまえば意外とスラスラ話せます。

主結婚式での祝辞の場合、普段あがり症ではない人でも緊張するものです。
ですが、スピーチもひとつのテクニックであり、やり方を身に着けてしまえば意外とスラスラ話せるものです。
緊張対策の前に人はなぜ緊張するのだと思いますか?
人は、格好良くみせたい、可愛く見せたいなどの理想がありますよね。
祝辞の場合、恥をかきたくないと思うのは普通の事です。
この、こう見せたいや恥をかきたくないという思いが緊張につながるのです。
また、ちょっとだけ緊張するならいいですが、
足がガクガク震えたり、手が震えたり、あがりすぎて声がうまく出なかったりすることもありますから、
簡単な対策法をお伝えしますので参考にしてください。

祝辞を話すことはとても名誉なことなのです

結婚披露宴の祝辞ともなれば、場数をふまれたかたでも緊張するものです。
この体験はきっとあなた様の今後の人生に必ずプラスになるはずです。
どれだけ新郎新婦の事を思い準備されたかが大切ですので、このサイトを読んでいる行為自体も準備となります。
多忙な日々をお過ごしの事でしょうが、祝辞を話すことは名誉なことです。
平均の参列者が70名であれば2/70です。あなたの様の人生にとってとてもラッキーなことですね!

祝辞の緊張対策

事前準備で不安や緊張は軽減されます!

「―猗8割仕上げが2割というようにしっかり準備をする。」
事前準備をしっかりするほど自身がもて、当初いだいていた不安や緊張が軽減できるはずです。
祝辞の場合であれば、書店に足を運んでもいいですし書籍を参考に原稿を作りこみましょう。

「▲廛薀垢亮己暗視をかける」
「きっとまた緊張するにちがいない」「頭が真っ白に。。。。」などのマイナスの暗示をかけるのではなく、
「今日は大丈夫、拍手喝采で終えられる」などプラスの暗示をかけましょう。
せっかく準備をしたのですから、そこで根拠のない自信が生まれているはずです。
良い意味で思い込み・勘違いから自己暗示で緊張を防ぐこともできるものです。

「イメージトレーニング」
誰しもが過去の体験を通してご自身が成功したときがあるはずです。
その成功したイメージを何度も思い出し脳をだますことで本番にいかされるケースもあるようです。

「ご萎主義をあきらめる」
より良く見せたいなど、完璧を求めると全てを暗記しようとご自身にプレッシャーをかけてしまいます。
少しくらいなど余裕が持てるように心がけましょう。

「ゼ囲の評価を気にしない」
評価を気にするあまり、うまく喋りたいという思いから緊張がうまれます。
参列者の評価など気にしない!新郎新婦に気持ちを伝えるんだ!この思いが大切だと思います。
たとえガチガチになってもお二人を祝福したい思いの量が相手に伝わるもので、
スピーチの内容など二の次になる場合もあります。
ご自身の評価などさておいてお二人のことを第一に考えましょう。

「β里龍枋イ鬚箸」
体の緊張を心にまで伝えないように注意しましょう。
心と体は密接に関係していますから、体が緊張していると心にも伝わります。
笑顔を意識する・深呼吸・背伸びをするなどして体をリラックスさせましょう。
また体を動かすことも良いことですから、式場の控席で座っているより会場の外を歩くのもおすすめです。

「他にも簡単にできる事」 ・香りを利用する
普段つかっているお部屋のアロマや、お気に入りの香水などをつけて臭覚を刺激してみましょう。
・ツボを押す
人差し指の骨と親指の骨の合流地点にある合谷のツボを押してみましょう。
そこは神経過敏や不安解消などリラックス効果もあります。
座ったままでもできますから、良いイメージをしながらぜひとも試してください。

ご祝儀袋でも気持ちを表現しましょう。

おめでとうの気持ちや品格を表すには、立ち振る舞いや言葉だけではありません。
贈るご祝儀袋にもその気持ちが現れるものです。
その人を思い選んだ特別なが祝儀袋は、手にした新郎新婦にもきっと伝わるはずです。

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP

  • ご祝儀袋のお作法
  • 結姫movie+story
  • ご利用方法