ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

結び切り

近年、ご祝儀袋のデザインがとても充実してきており、特に結婚式用のご祝儀袋はカジュアルなものから豪華なものまで幅広く店頭に並ぶようになりました。そこで、包む金額別に好ましいご祝儀袋のポイントを下記の通りまとめました。また、包む金額にかかわらず、特別なお祝いの時には格の良いものを選び、相手の思い出に華を添えたいものですね。

1.10万円以上を包む場合

熨斗は黄色い短冊を包んだものが好ましいです。特に個人で10万円以上を包む場合はご祝儀袋もそれに見合った格の高いものを選びます。水引は鶴亀を図案化したようなものがより格が高いとされているため10万円以上を包む場合には最適です。

2.5〜10万円程度を包む場合

熨斗は黄色い短冊を包んだものが好ましいです。また、素材は格の高さを表す上品なものが良いでしょう。

3.親しい友人に2〜3万円程度を包む場合

カジュアルなご祝儀袋がインパクトがあり喜ばれることが多いです。贈る相手の印象に合わせて包むとより好印象かもしれません。

4.親戚や会社の人に3万円程度を包む場合

定番のデザインのご祝儀袋を選びます。特に会社の方に包む場合にあまりカジュアルなもので贈ると失礼にあたる場合がるため気をつけましょう。

5.結婚式に出席をせず1万円程度を贈る場合

1万円程度の場合には水引や熨斗は印刷された略式のご祝儀袋が好ましいです。包む金額が少ない場合にはあまり立派なご祝儀袋だと中身との釣り合いがとれないため気をつけましょう。

結婚式に出席をせず1万円程度を贈る場合

結姫のご祝儀袋は熟練職人が丹精込めて一つ一つ丁寧に作っています。この水引があなたの特別な想いを
しっかりと結び、つないでいきます。特別なご祝儀袋「結姫」はこちら

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP