ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

印刷サービスを使って製作

近年、ご祝儀袋のデザインのバリエーションが広がり、様々なものを見かけるようになりました。中には個性的なデザインのものをたくさんありますが、よりこだわりたいという方は自分オリジナルのご祝儀袋を作ってみるのはいかがでしょうか?世界でひとつのご祝儀袋でもらった相手にもきっと喜んでもらえるでしょう。
最近では、ご祝儀袋にこだわる人が増えてきたことで、そのような方向けのサービスや商品も多く販売されています。まずは印刷サービスを使った手作りご祝儀袋についてご紹介いたします。

例えば、お子さんの合格祝いや入学祝いに人気のキャラクターをプリントしたご祝儀袋を作ってみてはいかがでしょうか。フリーソフトなどを利用してご自身でお好みのものをデザインしても素敵ですし、インターネットに無料でそのようなデザインも配信されていますので、そちらを利用するのも良いでしょう。このようにご祝儀袋を自身で印刷して手作りし、水引などをいただいたものを使ってもきっと素敵なご祝儀袋ができるでしょう。。

ご祝儀袋のデザインの印刷はまだごく一部で普及している手作りの方法ですが、のし札の表書きを印刷で作成する方はかなり多いようです。基本は手書きですが、もちろん中には字に自信がない方もいらっしゃるかと思います。せっかくのお祝いだから、綺麗な字の表書きを用意したいという方にオススメで、ご自宅にパソコンとプリンターがあれば簡単に作成することができます。

この印刷サービスを使っての手作りご祝儀袋は、オリジナルなものができることはもちろん、急にご祝儀袋を用意しなければならないという状況でお困りの方にもオススメの方法ですので、ぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

主賓や乾杯の挨拶をつとめるときや、大切な友人の結婚披露宴に参加するときなどはいつもより特別な想いが込められているもの。特別な想いは特別なご祝儀袋で伝えましょう。あなたの特別な想いを伝えつないでいくご祝儀袋「結姫」についてはこちら

好きな素材を使って製作

お好きな素材を使ってのご祝儀袋の作り方についてご紹介いたします。

ここ数年、ハンカチや風呂敷などの異素材を使ったご祝儀袋が人気を集めています。この人気の秘密は、ご祝儀袋の役目を果たした後でも日常で気軽に使えるところにあるのですが、ここに注目したオリジナルの手作りご祝儀袋もまた注目されているのです。
それは、お好きなデザインのハンカチなどを用意して、それで1から作ってしまうという方法です。店頭で販売されているものを、基本的には一枚のハンカチや風呂敷をたたんで作られていますので、自分で作ることもそう難しくはありません。お店でなかなか思うようなデザインが見つけられなかった方は、いっそのこと自分で作ってしまってはいかがでしょう。

次に、クラフトなどの素材から手作りする方法をご紹介いたします。
最近アルバムやハガキなどを手作りするのが流行しており、それ用のデコレーション素材が多く販売されています。その素材をご祝儀袋に活かしてしまおうという発想でご祝儀袋を手作りする方が増えてきています。また、自身の作品をインターネットなどに投稿することで手作り方法を共有し、その人気が増しているように思われます。一言にデコレーション素材と言いましても、レースやシールなどさまざまな種類があり出来上がるご祝儀袋はまさに十人十色です。好きなキャラクターやブランドの素材を使ってアレンジすることもできますので、ぜひ一度お試しください。

ご祝儀袋同様に、水引も手作りすることができます。基本的には水引はお祝いの用途によって結び方を選びますが、デザインを重視するようになった最近では結び方にこだわることが少なくなりました。最も簡単な手作り方法は、何かのパーツを水引の飾りにそのまま使うという方法です。例えば、ピアスです。使用したいモチーフの部分のみ取り除き、それをそのままご祝儀袋に使います。ご祝儀袋を縛る部分の水引は何かお好きなひもを用意されると良いでしょう。

このようにご祝儀袋は発想次第でなんでも素材になり、手作りすることができます。まずは身近な素材を見つけて試しに作ってみるのも面白いでしょう。

主賓や乾杯の挨拶をつとめるときや、大切な友人の結婚式に参加するときなどはいつもより特別な想いが込められているもの。特別な想いは特別なご祝儀袋で伝えましょう。あなたの特別な想いを伝えつないでいくご祝儀袋「結姫」についてはこちら

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP