ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

表書き

お餞別とは

旅行や留学、異動・転勤、退職などをする相手に対して気持ちを贈ること。

表書き
  • 「お餞別」/転居・引越し、異動・転勤、退職、旅行などをする相手に贈る時
  • 「おはなむけ」/会社職場において自分より目上の相手に対して個人の名前でお餞別を贈るのは失礼にあたるため、個人で贈る時には
    「はなむけ」と書きましょう。

上段

  • ポイント「表書きを書くときには、毛筆で濃く鮮やかに」

正式には毛筆を使い楷書で丁寧に書きます。毛筆で書きにくい場合には筆ペンや太めのフエルトペンでも問題ありませんが、ボールペンや万年筆の使用は避けましょう。

下段

表書きの下段には、贈り主の名前をフルネームで上段の名目よりやや小さく書きます。また、文字が水引にかかったり名前の下に不自然な余白ができないよう全体のバランスを考え、書き出しの位置や文字の大きさには気をつける必要があります。連名で記入する場合もそれぞれルールがあるので下記のポイントに気をつけて書きましょう。

1.2名連名の場合

向かって右から左へ格上、年長の順番で書き、文字の大きさは二人とも同じにします。
友人同士の場合は五十音順に書きます。

2名連名の場合
2.夫婦または子どもを含め一家の場合

基本的には、代表者として夫(世帯主)の名前をフルネームで中央に書きます。ただし、夫婦で招待された場合で、招待状の名前が連名になっているときは、お祝儀袋にも連名ですることが多くなっています。
その場合は、まず夫の名前をフルネームで中央に書き、その左側に夫の名の位置に揃えて妻の名前を書きます。妻は姓は書かず名のみを書きます。

夫婦または子どもを含め一家の場合
3.3名連名の場合

複数名でご祝儀を贈る場合で、その人数が3名までの場合には、2名連名と同様に、贈り主の中で最も役職や年齢が上の人を中央に書き、残り2名を格上、年長の順番に左に並べて書きます。同格の場合には五十音順にし、文字の大きさは全員同じにします。近年では、バランスよく見えるように連名全体を中央に書くのが一般化してきています。
ご祝儀袋への連名は最大3名くらいまでにするのが好ましいです。

3名連名の場合
4.4名以上の場合

贈り主が4名以上の場合には、連名で書くのは避けましょう。
まず、代表者1名の名前をフルネームで中央に書き、その左側に「外一同」と書きます。この「外一同」という文言は代表者の名前よりやや小さめに書きます。
贈り主全員の名前は、奉書紙または和紙に書き、中包みに同封します。
書き方としては、まず紙の中央上段に「寿」と表書きをして、下段に全員の名前をフルネームで格上、年長の順に右から左に並べて書きます。同格の場合は、五十音順に右から左に書き、文字の大きさは全員同じサイズに統一します。

4名以上の場合
5.会社名入りの場合

まず、贈り主の名前を下段にフルネームで書きます。その右側に名前よりやや小さめに会社名を書きます。

会社名入りの場合
6.会社名入りで連名の場合

まず、贈り主の代表者1名の名前をフルネームで中央に書きます。そして、その左側に「外一同」と書きます。この「外一同」という文言は代表者名よりやや小さめに書きます。代表者名の右側には会社名を、同じくやや小さめに書きます。

会社名入りで連名の場合

より特別なお祝いの時には、ご祝儀袋の顔とも言える表書き用ののし札にもこだわりたいものです。結姫ののし札は1500年もの歴史がある越前和紙を使用しています。長年受け継がれた職人技によって作られたのし札はあなたの特別な想いを伝えるにふさわしい逸品です。

熟練された職人技で作られた越前和紙ののし札で結ばれる、日本のものづくり。特別なご祝儀袋「結姫」はこちら

水引の種類

「お餞別」とはあらゆるシーンで使われます。一般的な使用用途は、別れのときです。会社の人が転勤などをするときには「栄転祝い」や「昇進祝い」という名目を使いますが、知人などがなんらかの理由で遠方に引っ越すことになったときなどにはお餞別として金封を贈ります。このようなお別れの場面だけでなく、相手が旅行に行くときなどにもお餞別として金封を贈ることがあります。この場合のお餞別には「お土産代として使ってください。」という意味合いが込められています。
このようにあらゆる場面で使用できるお餞別は、贈る側の気持ちが大部分を占めておりお心づけのようなものなので、包む金額は1万円未満であまり高額を包むことは少ないです。水引は、「何度あっても嬉しい」、「何度でもお祝いしたい」という花結び(蝶結び)のかかったものを選びます。

水引の選び方は地域によって違いがあり、例えば、関西では通常花結びを使う何度あっても嬉しい一般のお祝いにも淡路結びを用いるようで、地域によっては淡路結びと結び切りのみしか扱っていない文房具店も多々あるそうです。
基本的には、そのような一般のお祝いには花結びを使用し、何度も結び直せる花結び用いることで「繰り返したいお祝い」だということを表現しますが、大切なのはその地域のルールにならうことです。ご自分の地域はどのようになっているのかを事前に確認をして、地域ごとのルールに合わせましょう。

水引の色は紅白が望ましく、5本のものを選びます。1万円程度未満の金額を贈る場合には、水引も実際の紐がかかったものではなく、印刷されているものでも良いとされています。しかし、特別な想いを伝えたいときには、やはり印刷ではなく実際の水引がかかったご祝儀袋を選ぶようにしましょう。また、お餞別には一言メッセージをつけると相手にもより贈り手の気持ちが伝わるのでオススメです。このように想いの込もったご祝儀袋はきっと受け取った相手を笑顔にするでしょう。

金額の目安

金額の相場

海外へ旅行の場合
  • 会社(部・課単位など):500円〜3,000円(一人当たり)
  • 個人:5,000円〜30,000円
新婚旅行の場合
  • 会社(部・課単位など):500円〜3,000円(一人当たり)
  • 個人:3,000円〜50,000円
海外留学の場合
  • 会社(部・課単位など):500円〜3,000円(一人当たり)
  • 友人グループ:300円〜3,000円
  • 個人:3,000円〜5,000円
海外出張の場合(長期出張に限る)
  • 会社(部・課単位など):500円〜1,000円(一人当たり)
  • 友人グループ:300円〜3,000円
  • 個人:3,000円〜10,000円
海外赴任の場合(長期赴任に限る)
  • 会社(部・課単位など):500円〜1,000円(一人当たり)
  • 友人グループ:500円〜3,000円
  • 個人:3,000円〜10,000円
転居の場合
  • 会社(部・課単位など):500円〜1,000円(一人当たり)
  • 友人グループ:300円〜3,000円
  • 個人:1,000円〜30,000円
転勤・移動の場合
  • 職場単位(部・課単位など):1,000円〜3,000円(一人当たり)
  • 個人:3,000円〜5,000円
お金の用意

まずは新札を用意しましょう。いかなるお祝いにしても、お祝いする気持ちと礼儀を込めて包むお金は必ず新札にします。
新札でご祝儀を用意するのには「この日のために用意しました」という気待ちを表すためという理由も含まれいるため、できるだけ新札で用意できるように努めましょう。

お祝いの品や花束などを贈る場合は個人で準備するのではなく、部署全員からまとめて贈りましょう。
目上の方へ個人的にお祝い(現金を贈るのは失礼にあたります)を贈るのはタブーとされています。
海外に赴任される場合は例外で、現金を贈るのが良いとされることもあります。その場合のは、国内の転勤よりも、若干多めの額を贈るのが目安と考えられています。

お返しの仕方

餞別は、基本的にお返しは必要ありません。
ですが、なにかしらのお返しをしないと落ち着かないという人が増えてきており、徐々にお返しをする人も増えてきているようです。ただしこの場合のお返しはあくまでも気持ちですので特に決まりはありません。「お礼」と一言添えて簡単なギフトを贈ると良いでしょう。
旅行に対しての餞別には、旅行先でのお土産が最も良いかと思います。また、引越しなどで頂いた餞別には引越し先の名物品などを送ると良いでしょう。会社単位でいただいた場合には、同じく会社単位で、お菓子の詰め合わせなど相手も気軽に受け取れるものを用意します。
いずれの場合も、お礼状を添えておくとより丁寧で相手にも喜ばれるでしょう。

お礼状の内容例
  • ハガキなどに一言添える場合
    「引っ越しの折、お餞別まで頂戴し、大変ありがたく感じております。」
  • 会社宛に送る場合
    初めの一言、感謝の言葉、今後のことの3つを書くとまとまりのある良い文章になります。

以下はその例文です。

拝啓 いつのまにか葉桜の季節となってしましました。

皆様にはその後お変わりありませんでしょうか。
私はようやくこちらの生活にも慣れ、手紙をしたためる余裕もできたところです。
さて、このたびの私の転勤に際しましては、送別会を催していただいた上に心のこもったお餞別までいただきまして、誠にありがとうございました。
そのお礼として、当地名産のお菓子をお送りいたしますので、どうぞご賞味ください。
最後に、皆様のご健康とご活躍を心からお祈り申し上げます。

敬具

お返しの時期は?

特にお返しの必要のないものですので、一般的なルールはありません。しかし、早いに越したことはありませんので、お祝いをいただいてから1〜2週間くらいを目安に、遅くとも1ヶ月以内にはお返しするようにします。

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP