ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

美文字は祝儀袋のマナー

中袋・中包みは受け取り手が受け取ったご祝儀袋を整理するためものですので、読みやすく丁寧に書くことはご祝儀袋を贈る上での基本マナーのひとつです。

これに書かれた住所や氏名などを受け取った方は記録し残しておくことが多く、ここに書かれている文字は読みにくかったり、必要事項が書かれていなかったりすると受け取り側を困らせてしまうこともあります。

文字に自信がない方でもちょっとしたコツで美文字は習得できます。本ページではそんな美文字テクニックをご紹介しますので、ぜひご参考ください。

美文字は祝儀袋の基本マナー
まずは文字のバランスを決めましょう!

文字は与えられたスペースに左右上下、大小などバランス良く書くことでぐっと全体が引き締まり綺麗に見せることができます。
頭でバランスをイメージし書く方も多いかと思いますが、いざ書いてみると下のスペースがあまり過ぎてしまたり、反対にスペースが足りずに後半の文字が小さくなってしまったり・・・そんな経験はありませんか?

まずは、鉛筆など消せるもので書く位置を記しましょう。はじめに縦中央にまっすぐ線を書いておくと文字が歪むことなく綺麗に書けます。おもて面の金額は上下左右の中央に均等な文字サイズで書きます。裏面には住所と氏名を書きます。このとき、氏名の方を住所よりも少し大きく書くようにするとバランスが良くなります。

全体的にやや右上がりに書きましょう!

小学生の頃に使っていた漢字練習ノートを思い出してください。ひとつのマス目に十字の点線が印刷されており全体のバランスも身につけることができましたよね。
ですが大人になるにつれて次第に自己流の文字を書くようになりバランスなど意識しなくなることが多いでしょう。あの漢字練習ノートは大人にもとても有効で美文字をマスターするには必須アイテムとなります。
あのようなバランスを確認できるノートを用意し、十字の横線を意識しつつ全体をやや右上がりになるよう書いてみてください。
とても些細なことなのですが、全体の印象が変わり大人の美文字に近づけます。ただ、やりすぎは禁物です!「気持ち右上がり」ということは忘れないでください。

文字の書き順を守りましょう!

文字は非常におもしろいもので、ひとつひとつその文字の成り立ちの流れで作られており、意味があります。なので、書き順はとても大切で、書き順通り書くことでその文字が持つ本来の意味をより表現することができるのです。
近年、パソコンやスマートフォン、携帯電話などの普及が進み、文字を書く機会が少なくなっていますので、幼い頃習った書き順もいつの間にか忘れてしまいがちです。
まずは自分の名前や住所など頻繁に書く機会のある身近な漢字から見直し、書き順をきっちり守り美しい文字を書きましょう。

特別な人に、特別な想いが届く結姫ストーリー

  • story 1
  • story 2
  • story 3
  • story 4
  • story 5

結姫story

story 1 story 2 story 3 story 4 story 5

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP