ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で。

ご祝儀袋の包み方

教会式

教会で神に愛を誓う様式のウエディングスタイルのことです。大きくわけてカトリックとプロテスタンのふたつにわかれます。しかし、結婚式のためのチャペルも登場しているので、宗教に関係なく人気があるスタイルです。

ご祝儀について(教会式の場合)

一般的に教会式(挙式)のみの場合、新郎新婦側から「ご祝儀辞退」というお知らせがあることが多く、当日の受付がない場合がほとんどの為、ご祝儀を渡す必要はありません。
しかし、親しい友人であったり、親族であったりとお祝いの気持ちとして渡したい場合は1万円をご祝儀として包むことが多いです。
結婚式(披露宴)同様の金額を包むと、新郎新婦に逆に気を遣わせてしまう場合があるので、気をつけましょう。

神前式

神社や神殿などの神前でおこなわれる結婚式のことです。古来より受け継がれている神々や、その土地を守る神々におふたりの愛を誓い合います。

ご祝儀について

一般的に神前式のみの場合、新郎新婦側から「ご祝儀辞退」というお知らせがあることが多く、当日の受付がない場合がほとんどの為、ご祝儀を渡す必要はありません。
しかし、親しい友人であったり親族であったりとお祝いの気持ちとして渡したい場合は、1万円をご祝儀として包むことが多いです。
また、神前式後の会食会にも参加する場合は、結婚式(披露宴)同様の金額を包むのが一般的とされています。

仏前式

新郎新婦や家族が信仰する仏教の前で行う結婚式スタイル。親族のみで結婚式をする場合が多く、先祖代々のお墓があるお寺や、ゆかりのある寺院、また、自宅に僧侶を招いて仏壇の前で行われるのが一般的です。

ご祝儀について

一般的に仏前式のみの場合、新郎新婦側から「ご祝儀辞退」というお知らせがあることが多く、当日の受付がない場合がほとんどの為、ご祝儀を渡す必要はありません。
しかし、親しい友人であったり親族であったりとお祝いの気持ちとして渡したい場合は、1万円をご祝儀として包むことが多いです。
また、仏前式後の会食会にも参加する場合は、結婚式(披露宴)同様の金額を包むのが一般的とされています。

人前式

結婚の誓いを神仏に対して行う代わりに、招待者全員に結婚の証人となってもらう結婚式スタイルです。宗教や格式を気にする必要がないので、場所や演出など自由に決めることができます。

ご祝儀について

一般的に人前式のみの場合、新郎新婦側から「ご祝儀辞退」というお知らせがあることが多く、当日の受付がない場合がほとんどの為、ご祝儀を渡す必要はありません。
しかし、親しい友人であったり親族であったりとお祝いの気持ちとして渡したい場合は、1万円をご祝儀として包むことが多いです。
また、人前式後の会食会にも参加する場合は、結婚式(披露宴)同様の金額を包むのが一般的とされています。

中袋・中包み

急にご祝儀を用意しなければならない場合で新札が手元にない時には、アイロンで多少のしわなら伸ばすことができますので、最終手段の裏技として活用されてもいいかもしれません。

新札でご祝儀を用意するのには「この日のために用意しました」という気待ちを表すためという理由も含まれているため、新札で用意しましょう。

中袋・中包みへのお金の入れ方は、お札の表側が中袋・中包みの表側に向くように入れる入れ方が基本です。お札の表裏は、肖像が描いてある面を表とします。さらに肖像画が上に来るよう包みましょう。ただしこれに関しては地域によって違いがあるため、お住まい地域に合った方法や入れ方で包むようにします。

中包みの折り方

次に中包みの折り方について説明します。
包み終わった時に、中袋に入れる時と同様に、お札の表がご祝儀袋の表にくるようイメージしながら包むようにします。最近ではさほど重要とされなくなっているようですが、やはりきちんとしたマナーに基づいて用意することをおすすめします。

  • 1
    1. 半紙または奉書紙は裏面を上にして置き、さらにその上にお札の表が上になるように置き、お札下側を折り上げます。
      包むお札が2枚以上の場合には向きを揃えて包みます。
  • 2
    1. お札の大きさに揃えて左側を折ります。
  • 3
    1. 同様に、お札の右側を折ります。
  • 4
    1. お札の部分を下から上に折ります。
  • 5
    1. 先端の部分を下に折ります。
      裏返すとお札の表面(肖像画のある面)が表に出るようにします。さらに、折り返しの部分が左上と左下または左上のみにくるように包みます。この時、左下のみが開いている状態だと弔事用となってしまうため十分気を付けましょう。
      また、最後に織り込んだこの部分はのりしろとして使うことができ、包む金額が多い場合にはこののりしろを使って封かんします。

中包みの折り方

上包みの包み方

上包みとは

中身が見えないようにお祝い金を包んだ中袋および中包みをさらに上から包むためのもののことです。そしてこれに熨斗を添えて水引をかけたものがご祝儀袋の完成形となります。

上包みの包み方(折り方)にも正しいマナーがあります。
上包みは「たとう折り(たとう包み)」が基本です。これは1枚の紙を折って袋を作るときの折り方のことで、神社の授与品やご祝儀袋のようにお祝い金を包むための袋に用いられています。
たとう折り(たとう包み)の流れは次の手順で行います。

  • 1
    1. 奉書紙を2枚用意し、重ねて、裏面を上に向けてい置きます。そしてその中央に中袋(中包み)を置きます。
  • 2
    1. 中袋(中包み)の幅に合うように縦3等分に、左側から折り込みます。(折り込む側が裏側となります。)
  • 3
    1. 2と同様に、右側も折り込みます。
  • 4
    1. 上側も中に折り込みます。
  • 5
    1. 最後に、下側も中に折ります。この時に、い両綢Δ寮泙衒屬敬分に下側の折り返し部分をかぶせるように折ります。
      ※不祝儀袋の場合は、これが逆となり、上側の折り返し部分を上にかぶせるように折ります。

上包み

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP