ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

あなたはご祝儀袋のすべて知っていますか?

結婚式や出産やお子さんの成長過程など、様々なお祝いの場面で登場するご祝儀袋。このようなお祝いごとに、きちんと袋にお祝い金を包み相手に贈るのは日本ならではのゆかしき文化です。
相手に特別なお祝いの気持ちを伝えるためにも、きちんとしたマナーにならい、特別なご祝儀袋で贈りましょう。

特別な想いを伝えるご祝儀袋

ご祝儀袋にはその時の思い出のみならず、贈ってくれた相手の温かい想いが込められているものです。
そこで、私たち結姫は想いを伝えつないでいきたいという思いで、新しいスタイルのご祝儀袋を生み出しました。結姫のご祝儀袋は、役割を果たした後も巾着袋として使用できるようになっており、日常でも使ってもらうことでその想いはつながり、そして新たな縁が築かれるのです。

そのような新しいお祝いの文化を、私たち結姫は提案しています。

あなたはご祝儀袋のすべて知っていますか?

ご祝儀袋とは

結婚式や入学式などの慶事のお祝いの贈り物として現金を包むための袋のことで、熨斗(のし)と水引(みずひき)が付いているのが特徴です。
別名として熨斗袋とも呼ばれています。

ご祝儀袋とは

熨斗(のし)とは

「のしあわび」の略称で、お祝儀袋の右上の色紙などで作った添え物のことを指します。その昔、神事へのお供えや長寿のお祝いに、当時とても貴重とされていたあわびを熨(の)して乾燥させたものを和紙に包んで贈答品に添えていました。

この慣習が定着し、今では、実際の黄色の和紙をアワビと見立てて紅白の紙に包んだ「折り熨斗」が主流となり、お祝い事の贈り物には必ず用いられるようになりました。

熨斗(のし)について

水引(みずひき)とは

贈答品や金封に付けられる飾り紐のことで、紐の色や本数や結び方で使い分けをします。色は慶事と弔事で異なり、慶事の時は「赤白」「金銀」「赤金」、弔事の時は「白黒」「黄白」「青白」「銀」「黒」のものを使用し、濃い色が右、薄い色が左になるように結びます。

水引の紐の本数は慶事の場合は1本、3本、5本、7本、9本と奇数のものを使用します。基本が5本でそれより少ない場合は簡略化したときのお祝いや粗品などに用いられることが多く、5本よりも多い本数のものはより豪華とされています。

ただし、結婚式に関わるお祝いごとには慶びが重なるようにという意味から10本の水引を使います。結び方は、〃襪喟擇雖△△錣厳襪哭D碍襪咫焚峽襪咫砲裡骸鑪爐あり、使用するシーンで使い分けられています。

水引(みずひき)について

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP