ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

お正月のお年玉でも、ご祝儀袋の出番!

ご祝儀袋といえば、結婚祝いや出産祝いなど、「お金を包むもの」と思っていませんか?
実は、近年、ご祝儀袋の用途は多岐にわたっており、ご祝儀袋のデザインも多種多様になってきています。

その中でも、ご祝儀袋としての役割を果たした後、巾着袋として使える、特別感あふれるご祝儀袋を紹介します。

贈ったその後も姿を変え、愛用し続けられるご祝儀袋は、贈った相手との大事な思い出を刻んでくれます。

今回は、そんな巾着袋になるご祝儀袋を、お子さんや甥や姪のお年玉で使うという新たな用途をご紹介致します。

次はあなたが驚かせる番です!

ポチ袋にはない特別感あるご祝儀袋で驚きの元旦を!

すくすくと成長し、新しい年を迎える子どもや甥・姪。
お正月のお年玉も、毎年、ポチ袋では少しマンネリ感が否めません。
そこで、サプライズ感のあるお年玉を演出してくれるのが、巾着袋になるご祝儀袋なんです。

「今年も良い年を過ごしてね。成長を楽しみにしているよ。」
そんな想いを届けるために、おしゃれなご祝儀袋でお年玉を包んでプレゼントすれば、
相手は驚き、喜んでくれることでしょう。

あなたの温かい想いが伝わり、驚きと感激に満ちたひとときが生まれることでしょう。

お年玉のご祝儀袋の書き方

表書き

  • お年玉

水引き

  • 赤白花結び
  • 赤白あわび結び

お年玉の表書き

表書きの上段中央には用途に適した名目を書きます。
下段中央には、贈り主の名前をフルネームで上段の名目よりやや小さく書きます。また、文字が水引にかかることのないよう、全体のバランスを考え書くようにしましょう。

表書きを書くときのポイント

お祝いの喜びを表現するという意味を込めて濃く鮮やかに毛筆を使い書きます。また、楷書で丁寧に書きましょう。
どうしても毛筆で書きにくい場合は、筆ペンや太めのフエルトペンでも問題ありません。
ただし、ボールペンや万年筆で書くのはマナー違反ですので避けましょう。

特別な想いを伝えるご祝儀袋

ご祝儀袋にはその時の思い出のみならず、贈ってくれた相手の温かい想いが込められているものです。
そこで、私たち結姫は想いを伝えつないでいきたいという思いで、新しいスタイルのご祝儀袋を生み出しました。結姫のご祝儀袋は、役割を果たした後も巾着袋として使用できるようになっており、日常でも使ってもらうことでその想いはつながり、そして新たな縁が築かれるのです。

ご祝儀袋を受取る女性

  • ご祝儀袋購入ボタン

お年玉を渡した後は、巾着袋に早変わり!

特別な想いがこもった贈りものは、ずっと大切に残しておきたいものですよね。
結姫のご祝儀袋なら、巾着袋として貴重品入れにするなど、その後も活躍してくれます。
巾着袋を使うたびに、あなたへの感謝の気持ちが自然とあふれ出ることでしょう。

贈られた後も、お子さんや甥、姪の日常生活をサポートしてくれる巾着袋。
結姫のご祝儀袋ならではの特別なプレゼントで、新年の健やかな成長を願ってみてはいかがでしょう。

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP