ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

あたらしい旅立ちのあなたへ

あなたが生まれた時、わたしは二十歳だった。

若木のようにすくすくと、幼子は、少女へと変わりゆく。

「成人式なんて、あっという間だね」

「この人と結婚しようと思うの」

明日はあなたがお嫁に行く日。

誰からか、すぐにわかったよ。

わたしには、大好きな叔母さんがいる。

受付を頼んだ友達から手渡されたご祝儀の中に

わたしの妹は、来年、大学生になる。

懐かしい思い出とともに大切に使っていくね

結姫story
story1
story2
story3
story4
story5