ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

祝儀袋のサイズ

ご祝儀袋にもさまざまなサイズがあることをご存知ですか?
包む金額多ければ多いほど、サイズが大きいものを選ぶのが、一般的です。
基本的には水引などの装飾の豪華さと包みのサイズは比例しています。
金額別に、目安サイズをまとめましたのでご参考ください。

1.1万円程度を包む場合

サイズ:11cm × 18.5cm
1万円程度を包む場合には、もっともシンプルなデザインがちょうど良いでしょう。
包む金額が少ないにもかかわらず豪華なご祝儀袋を選んでしまうと、贈り手が恥をかいてしまうだけでなく、マナーがないと思われてしまいますので気をつけましょう。

2.3〜5万円程度を包む場合

サイズ:13cm × 20cm
この金額は友人などの結婚式に包むことが一番多いかと思います。
水引や上包みのデザインは少し豪華なものが良いでしょう。この金額向けのご祝儀袋は最も多く商品展開されていますので、文房具屋さんのみならず雑貨屋さんなどでも可愛いものを見つけることができると思います。
気の知れた友人へ贈るときには、遊び心のあるカジュアルなデザインもきっと喜ばれるのではないでしょうか。

3.5〜10万円程度を包む場合

サイズ:15cm × 22cm
5万円以上を包むときは、あまりカジュアルなデザインよりも上品さや高級さのあるご祝儀袋が望ましいです。
例えば、和紙でも手漉き檀紙でできたものや反物でできたものがオススメです。

結姫は伝統生地でできたご祝儀袋を数多くご用意しております。商品一覧はこちら

4.10万円以上を包む場合

サイズ:16cm × 23cm
10万円以上を包むときは、お札にも厚さがあるため小さいご祝儀袋に包んでしまうとパンパンになり不恰好となってしまいますので要注意です。基本的には、文房具屋さんなどのご祝儀袋コーナーの最も豪華なものを選ぶと失敗はないでしょう。
この程度の高額を包むときには、水引も鶴や亀をモチーフとした華やかなものが良いです。カジュアルなものは包む金額の価値を下げかねませんので、選ぶのは避けましょう。

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP