ご祝儀袋も大切な人への特別な贈り物にしたいなら《結姫 むすびめ》

 

ご祝儀袋お作法

書き方や包み方など、基本知識から豆知識まで幅広くお教えいたします。

お見舞いのご祝儀袋の入れ方・包み方

お見舞いのご祝儀とは

今回は、大事な人が病気やケガをしたとき、災害などに遭われたときなど、訪問して励ますお見舞いのときに贈るご祝儀袋へのお札の入れ方、包み方を紹介していきます。

中袋、中包みとは、お祝い金を相手に贈るときに中身が分からないようにするためのものです。これはご祝儀を渡す基本マナーのひとつでもあり、通常は半紙や奉書紙でできたものに包みます。

市販で売られているご祝儀袋にはおおかた折式の中包みや封筒式の中袋が付属されていますので、その場合はそれを使い、付属されていない場合には自身で半紙などに包むか、白無地の封筒を用意します。
また、「早く回復してほしい」と礼儀を込めて包むお金は新札にするのがマナーです。

中袋・中包み

急にご祝儀を用意しなければならない場合で新札が手元にない時には、アイロンで多少のしわなら伸ばすことができますので、最終手段の裏技として活用されてもいいかもしれません。
新札でご祝儀を用意するのには「この日のために用意しました」という気待ちを表すためという理由も含まれているため、新札で用意しましょう。

中袋・中包みへのお札の入れ方

基本的には、お札の表側が中袋・中包みの表側に向くようにいれます。お札の表裏は、肖像が描いてある面を表とします。さらに肖像画が上に来るよう包みましょう。ただし、地域によって違いがあるため、お住まいの地域に合った方法で包むようにします。

特別な想いを伝えるご祝儀袋

ご祝儀袋にはその時の思い出のみならず、贈ってくれた相手の温かい想いが込められているものです。
そこで、私たち結姫は想いを伝えつないでいきたいという思いで、新しいスタイルのご祝儀袋を生み出しました。結姫のご祝儀袋は、役割を果たした後も巾着袋として使用できるようになっており、日常でも使ってもらうことでその想いはつながり、そして新たな縁が築かれるのです。

ご祝儀袋を受取る女性

  • ご祝儀袋購入ボタン

中包みの折り方

中包みの折り方は、包み終わった時にお札の表がご祝儀袋の表にくるようイメージしながら包むようにします。しかし、最近ではさほど重要視されなくなりました。しかし、お祝いの気持ちを届けるご祝儀。やはりきちんとしたマナーに基づいて用意することをおすすめします。

  • 1
    1. 半紙または奉書紙は裏面を上にして置き、さらにその上にお札の表が上になるように置き、お札下側を折り上げます。
      包むお札が2枚以上の場合には向きを揃えて包みます。
  • 2
    1. お札の大きさに揃えて左側を折ります。
  • 3
    1. 同様に、お札の右側を折ります。
  • 4
    1. お札の部分を下から上に折ります。
  • 5
    1. 先端の部分を下に折ります。
      裏返すとお札の表面(肖像画のある面)が表に出るようにします。さらに、折り返しの部分が左上と左下または左上のみにくるように包みます。この時、左下のみが開いている状態だと弔事用となってしまうため十分気を付けましょう。
      また、最後に織り込んだこの部分はのりしろとして使うことができ、包む金額が多い場合にはこののりしろを使って封かんします。

お札の包み方

上包みの折り方

「上包み」とは

中身が見えないようにお祝い金を包んだ中袋および中包みをさらに上から包むためのもののことです。そしてこれに熨斗を添えて水引をかけたものがご祝儀袋の完成形となります。

上包みの包み方(折り方)にも正しいマナーがあるのをご存知ですか。
上包みは「たとう折り(たとう包み)」が基本です。これは1枚の紙を折って袋を作るときの折り方のことで、お見舞のご祝儀にもこのたとう折りを用いお金を包みます。

たとう折り(たとう包み)の流れは次の手順で行います。

  • 1
    1. 奉書紙を2枚用意し、重ねて、裏面を上に向けて置きます。
      そしてその中央に中袋(中包み)を置きます。
  • 2
    1. 中袋(中包み)の幅に合うように縦3等分に、
      左側から折り込みます。(折り込む側が裏側となります。)
  • 3
    1. 2と同様に、右側も折り込みます。
  • 4
    1. 上側も中に折り込みます。
  • 5
    1. 最後に、下側も中に折ります。この時に、い両綢Δ寮泙
      返し部分に下側の折り返し部分をかぶせるように折ります。
      ※不祝儀袋の場合は、これが逆となり、
      上側の折り返し部分を上にかぶせるように折ります。

たとう折りの手順

お見舞いの場合の裏側の折り重ね方は、「上側を内側」にします。下から上にという折り方は、上昇を意味しており「怪我や病気が快方に向かいますように」という願いの表れだといわれています。

結姫のご祝儀袋は熟練職人が丹精込めて一つ一つ丁寧に作っています。
この水引があなたの特別な想いをしっかりと結び、つないでいきます。特別なご祝儀袋「結姫」はこちら

  • ご祝儀袋購入ボタン

「祝儀袋」っていったい何?

正しい書き方講座

正しい包み方講座

いくら包めばいいの?

どうやって渡したらいいの?

祝儀袋選びに困ったら・・・

用途別説明

頂いたご祝儀袋を
どうするか・・・

その他

ご祝儀袋の使い道
「友人へ」

ご祝儀袋の使い道
「両親へ」

ご祝儀袋の使い道
「お孫さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「お子さんへ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「祖父母へ」

ご祝儀袋の新しい使い方
「イベント編」

結婚式のご祝儀袋を
上手に選ぶポイント

お祝いの気持ちを込めたご祝儀袋は結姫で

PAGE TOP

ご祝儀袋の結姫 musubime